もやもや解消

シニアライフの些細なもやもやを解消したい!!!

魔法の言葉  

昨夜夫が治療した左目が

治療前のヒラヒラした状態という。

夫「月曜日に市民病院へいってくる。」

わたし「整骨院9時で予約したから付き添いできないよ。」

夫「1人でいける。」

そんな会話をして

眠りについたのが夜の11時。

いつもの頻尿で

夜中の3時頃に

4回目の眼ざめ。

ふと夫との会話を思い出し

今日は土曜日だっけ?

 いや違うな。

金曜日だよね。

それなら今日市民病院へ行けばいいのに。

私と同じに 曜日を勘違いしている?

5時30分の目覚ましが鳴った時に

夫が起きるからそのとき

市民病院のことを言おう。

ところが目覚ましが鳴ったら

夫の布団はもぬけの空。

ゲゲ~。

いつ出て行ったのか気が付かなかった。

わたしの整形の予約に出かけたのだ。

ただただ感謝。

結果 整形の順番は1番。

診察とリハビリを予約してくれた。

結局 夫は8時過ぎ

市民病院へ。

そして私は診察を先にして

腰のレントゲン撮影の結果

ブロック注射をすることになった。

ブロック注射の後は

リハビリができないそうで

先にリハビリをすることに。

いつもレントゲンの撮影後は

その後待たされ待たされ

リハビリも処置も遅くなり

終わったのが11時30分過ぎ。

予約の1番がこれだもんね。

帰りがけに

女性の患者さんから声をかけられた。

女性「杖はついてないのですか?」

わたし「不安があるときは杖ついているんですよ。」

女性「わ~うらやましい。」

これは魔法の言葉。

一人で不幸を背負っていたような

老化の進み具合を恨んでいた。

こんなわたしでも 

うらやましがられるなんて。

エレベーターの中で反省。

「お大事に」が言えなかったこと。

そしてこの方は

前に話しかけられた方かな?

顔覚えが悪いわたし

ごめんなさい。







スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: --